2010年11月9日火曜日

今度は冬の野菜をもっとつくろう。

登戸のおじさんに収穫後の田んぼの一角を使っていいといって頂いたので、
こめ糠をまいて鍬で耕しました。耕耘機もあるけど、汗をかきかき、手にマメをつくって、背中も腰も痛いけど一人でやっちゃいました。20x1,3mの畝が5本ほど出来そうなので今回はやりがいがあります。普段は不耕起で頑張っていますが今回は大根もつくりたいので、全面耕しました。

何をつくろっかなあ。食べたいものですねえ、えーとタマネギは絶対だし、ジャガイモとか、キャベツ類、白菜なんかもできるかなあ。とにかくやってみよう。多分そんなにうまくいかないと思いますが。麦もちょっとやってみたいし。楽しくいい感じに、いい加減でいきまっせ。

4 件のコメント:

わたなべ さんのコメント...

すぐに耕運機に頼ってしまいがちな軟弱者のわたなべです。こんばんは。ウチも昨日、タマネギとニンニクを植えました。それとそうそう、お湯で消毒済みのスペルト小麦のタネが少々、余っています。もし必要であれば、お送りしますよぉ。

ジュン さんのコメント...

ありがとうございます。ぜひ、スペルト小麦挑戦したいです。古代穀物なんですね、ぜんぜん知りませんでしたが、興味が湧いてきました。よければ直払いでお願いたします。

匿名 さんのコメント...

ジュン、誠です。あまりコメント出来ないですが見でますよ。
今度会った時に色々と教えて下さいね。
いろんな知識をドンドン付けて行くんだろうな。
羨ましい。

ジュン さんのコメント...

誠、見てくれていて、ありがとう。昔からの友に今の自分の机の引き出しをのぞかれているようなものかな。またそれも楽しいね。またゆっくり飲みましょう。