2011年3月19日土曜日

東北関東震災 私たちは元気です。

一週間が経過しました。私たちは今、千葉県松戸市のマコさんの実家に身を寄せています。震災の日、私とソルは石岡市八郷の家にいました。二三日前から地鳴りをともなう、地震が発生していたので筑波のあたりは地盤が固いと聞いていました。当日は地鳴りと揺れで凄かったですが、おしっこをちびってしまった、ソルをだいて揺れが収まるまで待っていました。かなり長い時間揺れていました。マコさんは東京で働いていたので、心配でしたが連絡も取れない状態がしばらく続きました。停電、断水、通信等ライフラインが切断して、水道、電気、ガス、電話の便利な物が役に立たない状況が続き、いろいろ考えさせられました。今も八郷は水道が断水して、私たちは帰る事ができません。この状況がいつまで継続するのか、またさらに悪い状況になってしまうのかわかりませんが、皆さんも十分きをつけてください。

3 件のコメント:

秦 秀治 さんのコメント...

ご無事で何よりです。引っ越しされたばかりなのに..
ケガもないようで安心しました。

水道がダメなら井戸を掘りますか?
http://idohori.web.fc2.com/

ジュン&マコ さんのコメント...

秦さん、井戸掘りのレファレンスありがとうございます。私も次の課題は絶対に井戸だと思っています。今の家の一角には浅井戸が掘られていますが、何年も使用されていません。ポンプがないんですが、昔の手こぎのポンプなんかでできないかなあなんて思っていました。フリーエネルギー以外はあてにならないというのが、今回の震災の教訓です。ただ、八郷の辺りは農薬や化成肥料が地下水に浸透して、水質には疑問があります。もうメチャクチャですね。

秦 秀治 さんのコメント...

淺井戸に緩速ろ過装置はどうでしょうか?
http://blogs.yahoo.co.jp/cwscnkmt/folder/1163785.html
生物の力でろ過した水こそが生物の飲む水だと三原に来られて中本先生は力説しておられましたよ。