2011年5月6日金曜日

こちら茨城県の八郷に越して来て3ヶ月が経過しました。

家の周りの栗の木も黄緑色の若葉をつけ始めました。今日はまだ少し寒くストーブをつけましたが、とてもいい季節です。


GW中も野良仕事や畑にでて作業していましたが、疲れが溜まってsきているようで手が腱鞘炎のようになってしまいました。まだ慣れないのか、畑に出ていると、手と腰にきます。今のところすべて、耕耘機など動力ものは使用していないのですが、そのうち限界がくるのかなあ。なるべくなら自分の体のできる範囲で農業をしていきたいのですが。そんなんで今日は怠けてしまいました。本当はそろそろカボチャやズッキーニの畝を立てないといけないのですが。


メークインはほとんど芽かきも終えて順調です。株によっては1、2、3本立てで収穫の大きさはバラバラだと思いますが、いい加減です。ナナホシテントウがうろうろしています。

2 件のコメント:

asahiyamazaru さんのコメント...

順調な滑り出しのご様子、結構ですね。
さて、自慢にも、慰めにもなりませんが、、、私達はグウタラな農業者で、すぐにヘバります。でも、長く続けるには、チンタラぐうたら、ぼちぼちに作業を続けるしかない、とも思います(言い訳がましいのですが)。
昨日は、お陰様で好天とは申しかねましたが、朝8時頃までは風も穏やかで、鉄骨にビニールをかけることができ、さらに午後は、ジャガイモの植え付けを2aだけ、2時間弱で無事終えることができました。
やはり、機械植えは早いですね。
天気に振り回される時期は、早さが必要です。
概して畑作物には、干ばつ気味の気候の方が適しているようですが、、、また今日は雨でした。
さて、収穫期は?

ジュン さんのコメント...

順調だといいんですが。。実は私達は真のナマケモノなのでどうなるのか本当はとても心配なんですが。。なるようになる的な生き方しかできないのです。
でも、なにごとも楽しんでいきたい、と思っております。