2020年3月28日土曜日

農業者にとっての社会的責任とはなんであろうか?

農業者にとっての社会的責任とはなんであろうか?

私にとっては、CO2、二酸化炭素の地中への

固定だと思っています

なぜか? 

それは農業自体がCO2放出の一つの原因だから

土中のCO2は土を耕し、撹拌し、露出すれば空気中に放出される


その逆に、オオムギやグラス、ソルガムを


カバークロップすれば二酸化炭素を土中固定できる


ソルズファームは意思をもってこの活動を実施します


地球温暖化は今騒がれている、コロナウイルスなんかとは比べ物にならないくらい、


人類にとって危機的な問題です、地球全体で5億人が大洪水によって生活圏を奪われ、

難民になることがわずか、2~30年先に起こるのだから

目先の騒ぎに心奪われてはいけない





2020年3月26日木曜日

ジャガイモ

ジャガイモ40キロほど植えたけれど
今年もそれほど多くはないかな、
むしろ、有機農家としては少ないのではないか
けれども、冬の間に土作りはしっかりしたのでいい収穫にしたい
ジャガイモはどんなところでもできるといううのを聞いたりするが
けしてそんなことはない、しっかり土ができていないと
いいものは獲れない😄



2020年3月23日月曜日

畑丸ごと堆肥化

ソルズファームは圃場での実験を通してここまで来た
特に土作りに関しては、その意義が大きい
栽培中は滅多に肥料を与えないため、播種、植え付けをした段階で、
もう勝負は決まっていると考える
だから事前の土作りをどんだけしてるかがカギ
畑丸ごと堆肥化といわれるやり方だけど、
常に土の状態をイメージし、野菜の残渣、生えている草、枯れた草、
蒔いた野菜クズ、籾殻などを土中の微生物や米ぬかでその場にて発酵させて腐植をつくる、科学的な話で私くしめには難しいので、とにかく黒い湿った土、腐植をつくる
脱線するけど、わたしはミミズコンポストというものを、もう10年くらい行っている、これやると腐植のできる過程を観察できる
ミミズは歯がないので、有機物が分解途中の腐植を食べるのである
これ、面白いと思いませんか?
まあ、とにかくこの腐食を畑で作ってしまいましょうという、
かなりプログレッシブなやり方なのである
腐食はCEC(陽イオン交換容量)といわれる養分を吸着させる性質がある、そのため保肥力が高まり、土を団粒化させる。
だから、作物も良く育つといゆうわけ
んー、頭ではわかっていたんだけど、文章にすると大変だな
疲れるのでもうやめね
といううことで、夏野菜を植えるまでに忙しいのである😄


2020年3月21日土曜日

世界からのアクセス


何を隠しましょうか
私めブログは世界からのアクセスがございます
まさしくインターナショナルなブログなのでございます
このご時世ですから、インターネットで情報は地球をめぐりめぐる
皆様のお役にすこしでもたてば
幸せなのです

ハウス、カーサではベビーリーフ が一番手のほぼピーク状態でしょうか
シベリアからの寒気が西高東低の威圧配置で日本にながれる季節となりました
カーサに植え付けた、トマトさまたちが気になったりしますよ
不織布をかけて保温したり、水やりを欠かさないようにしたり、
はたまた、サイドの開口部を開けて日中は換気して放熱したり、もう、
温度管理の嵐なんでございます

まあ、いっちょまえになんとかかんとかでやっているのですが、
めまぐるしい1日、1日を
おかげでお客様には野菜のもちがいいとか、おいしいとのご感想をいただいております
コロナ、コロナで世界中大変だけど
少しでも早く落ち着いてくれることをお祈りいたします







2020年3月15日日曜日

ものづくりは過程

ものづくりは過程が大切で、これがたのしい
これ作るのにつぎはぎ情報でできた
これが自分流
人の真似はしないし、真似もできない😄
自分も同じことができない、ガッハッ



パッキング技術

一人部隊だが、うちのパッキング技術はかなりすごい
ホウレンソウのアブラムシ除去にはエアーダスターもお手の物


2020年3月13日金曜日

微生物クッキー

巷では私の行動に批判めいたことを言っている人もいる
出る杭は叩かれるというけれど、私は余計に強くなるのである
それでは、このクソおやじ、米ぬかの撒き方を教えてあげるよ
厚さが1~2センチになるように撒きなさい
そうすれば、湿った土から水分を吸ったぬかは
1週間で発酵し始め、酵母や乳酸菌、糸状菌をなどの微生物が育つ
これを私は微生物クッキーと呼んでいる
けして広く撒こうとして、薄く撒いてはダメだぞ
あとから崩して混ぜ込めば、微生物が土に広がるから
いいか、よく覚えておけ、此のクソおやじ







2020年3月4日水曜日

初めての視察とボランティア訪問の 依頼

環境再生型農業を実践している私たち農園に、
現役農業者の方から初めての視察とボランティア訪問の
依頼を受けました。
環境科学の教育バックグランドがあり、将来的に
環境再生型農業に貢献できる方です。
つねに向学心があり、意欲的な姿に感銘しました。
ソルズファームの野菜についても、味や風味が強く、
美味しいとの感想をいただきました。
私たちも深い情報交換ができ、2日間の濃密な時間を
シェアすることができました、感謝です😄


2020年2月29日土曜日

レンズを交換



先日メガネのレンズを交換した
10年以上使ったレンズで、傷だらけで曇りがあった
我慢してたけど、もう限界、眼精疲労もひどかった
フレームは気に入っていたので、そのまま
メッキがはげて銀下地もいい感じだから
私は近視と乱視のコンビで処方も難しい
柿岡のいつも時計電池を交換する眼鏡屋さんが
腕が良さそうだったので、頼んだ
毎朝ヨーガしてるから、検眼すると何と
視力は10年前より上がっており、
両目で1.0は見えてるらしい😄
コンビニで雑誌を立ち読みしも、
6ポイントキャプションも読める
これは神様が、もっとしっかり社会を見て
役に立つようにとのご配慮だな🙇‍♀️
これから10年、このレンズで僕は何を見るのだろう
常に深く考え、前向きでいたい

2020年2月26日水曜日

原風景


原風景とは、何だろう
自分の中の風景、遠い昔の記憶に残る画像
百姓をするようになって、カエルに出会うことが多くなった
気付きである、カエルのいる風景はわたしの原風景なのだ

わたしは世田谷で生まれ、育った
昭和の高度成長期の真っ只中で
みるみるうちに環境が変化した
あまりいい自然環境ではなかったのではないか、すでに

母親の田舎が神奈川の登戸だった
母の父が登戸出身で世田谷に居を構えた
母は桜という町で生まれ、その頃の世田谷は田舎だったらしい

子供の頃に登戸に田舎を訪ね
農家だったので、田んぼや畑があった
南武線がまだ単線の頃で
線路を跨いで田んぼにに行くことができたのである
そこで、アオガエルやオタマジャクシを観察することができたのである
その時の光景が強烈であった
世田谷にはないものがあった

長い間、自分には田舎がないと思っていたが
今考えると、登戸がまさしく田舎だった

八郷には田んぼがあり
わたしが借りている畑にカエルが上がってくる
だから、携帯で写真を撮るのである
あの時のことがいつも思い出され
それに近付こうとしているのかもしれない




2020年2月20日木曜日

有言実行

私は縁やカルマに従って、日々生きている
人との繋がりがそうであり、いい縁を強く持とうとし、大切にすることを学んできた
つねに高い思考をもち、純粋により強い思考で可能性を実現してきた

毎日人との繋がりでいきている
素敵な仲間、助け合いである
そういう人たちのために生きてゆきたい

ソルズファームも今年で十年である
誠実に、前向きに、地道にやってきた
理念や社会的責任を追及するファームでありたい
農業の世界はフロンティアであり、無限であると実感している

今日も世田谷から友人がサポートに飛んできてくれた
私たちはアクションによって結びついた仲間
未来を創造するのである






2020年2月15日土曜日

山から直接くる伏流水


山から直接くる伏流水をふんだんに
使うことができる
ハウス栽培は筑波連山の恩恵を授かる
自然メカニズムは驚異的
そのことに気づかされた、
導きだ




ベビーリーブスには綺麗な水は不可欠
ほぼ毎日散水
路地とは違う栽培になる
リーフの状態もナイス

山から用水路を流れてくる伏流水をそのままハウスまで
ハウスの中は暑いが水はまだひんやりしている

2020年2月13日木曜日

ビーニールハウス改修が完了

ついにビーニールハウス改修が完了しました!
開口部の巻き上げなどの作業も終了😄
クラウドファンディング で資金を調達させていただき、
皆様には感謝、感謝の大事業🙇‍♀️
これで大きな一歩を進めることになりました
本当にすごいことをしてしまった実感です
せっかち、すでに作付けは進行中で、
ベビーリーフ はもうすぐ出荷できる予定です!
資金調達にご協力いただいた皆様、
そして、作業に汗をながしてボランティアの皆様
ありがとうございました
今後とも宜しくお願いします






















2020年2月9日日曜日

散水システムのテスト


用水路に堰をつくり、エンジンポンプ で水を
ハウスに設置した200リッターローリータンクへ
雨水もこのタンクに貯める
一棟分で200リットル
とりあえずの給水は賄えるようになった




2020年1月23日木曜日

フロンティア

一月からハウス、ラ`カーサが稼働可能となって、ハウス栽培がいよいよ始動
それに伴って、様々な課題をすこしづつクリアしています
まず育苗の課題、育苗ハウス温度の管理能力を上げなければいけない
トライアンドエラーの連続
加温設備を新たに作り、調整してきました
苗はなんとか定植サイズになるようになり、
これまでよりも前倒しで育苗可能に

自家発電機、ジェネレーターを設置位して電力供給できるようになったことがこの時期の育苗を可能にしました
これからは、さらに夏野菜の育苗に入るので、さらに温度条件は厳しくなり
イノベーションと試行錯誤が必要

とにかく、ハウス稼働で農業に厚みが増して、多様化してきている実感があります
さらに独自のスタイルとクレージーなレベルまで農業をレベルアップしていきたい
フロンティア、自分の歩いたあとは未踏の一歩をめざす




2020年1月18日土曜日

耕作放棄期間が長いとはいえ、もともと茨城でも
トップレベルのコメを栽培してきた田んぼにできたハウス
団粒構造はしこたま出来上がっており、
なにを植えてもレディーツーゴーの土壌であります!
昨日かららラ・カーサの作付け、第一弾は
スティックブロッコリー、
フライング気味ですが、がっつり育ってくれるでしょう



2020年1月15日水曜日

ビニールハウス の土をロータリーがけして
そろそろ、ケールとスティックブロッコリーの定植を始めようと思う
さあ、始まります、いよいよ!

2020年1月3日金曜日

ハウス、フィルム張り完了


正月2日
快晴、ほぼ無風、絶好の天井フィルム張りのコンディション
おかげさまで山場を乗り越え、すべてのフィルムが張れました
正直ホッといたしました





2020年1月1日水曜日

鉄は熱いうちに打て


新年あけましておめでとうございます

ソルズファームにとっての新年は変革の一年になります
昨年は気候変動に対応した独自の農業技術プログラムを開発するのには
十分のインパクトとダメージを体験したのです
もう今までのような栽培方法では対応の限界を感じ、新たな道の模索を決意した年でした

私は気候変動に対応した農業には二つのポイントがあるとおもいます
一つはどのような栽培方法に変化させるか
もう一つは、気候変動の原因となっている、CO2、 二酸化炭素そのものに
対する対策を推進すること

二つとも、これまでにないフロンティアを歩まなければいけない
まだ誰も進んだことのない道、しかしこれをすることがチャレンジであり
常に変化を求める私たちには必要なこと
失敗を恐れずに、時にはクレージーなアイデアを
二つの課題を同時にアクションで実現していく
危機があるのは明白、もう待っている余裕も、後を振り返る余裕もない
前進あるのみ

今年も応援をお願いします
そして未来の子供達の世代のために
鉄は熱いうちに打て
今がその時です


2019年12月23日月曜日

オーガニックを超えて Beyond Organic

ネイティブインディアン、ホピ族にホピの予言がある
コヤニスカッティとはバランスを失った世界のことだ
ちょうど今の世の中がそうだ
その結果、もたらしたのが気候変動、これは紛れもなく
現在の人類が直面している最大の危機なのである
日本では夏の台風が巨大化し、すでに最悪の状況である
いまアマゾンでは大火事が各地で広がり、森林が壊滅的状況、
オーストラリアでもブッシュファイヤーが全国的に広がり、
記録的な最高気温になっている
あの可愛いコアラが事実上絶滅したと情報もある
正に地球全体が危機的な状況なのだ

農業が気候変動と二酸化素を削減するのに有効と研究が進み
すでに環境再生型農業、Regerative Agricultureとして知られてきている
地中のCO2を大気中に放出」することなく、土中に固定する方法で、
オーガニックを超えて、さらに今問題となる気候変動に対処するための農業だ
現在、二酸化炭素の総量は海中と大気中、そして土中に分散されて地球上にある
既に海中と大気中には飽和状態で、固定可能な残されるのは土中のみである
農業は人類が食物を得るための最大の産業、これを利用するの当然であるし
ダイナミズムとして規模が大きい
これまで有機農業は倫理的、エシカルな視点で推進されてきた
今後必要とされるのは、さらに高い次元、人道的なアプローチが必須なのだ

国や政府はがこの問題に対処するのは明らかに遅く可能性はない
革命は小さな農業者から進めていくしかなく
その輪を広げていくこと重要だと思う
もうこれ以上、ソーシャルレスポンシビリティー、社会的責任を無視することはできない









2019年12月13日金曜日

土作りの季節

冬は土作りの季節でもある
初めての栽培でエゴマシードを17kg収穫できた
この広さだと、100kgいけるそうだ
エゴマのスケール感が少しだけつかめたのが
今年の収穫である
そして土を作る
アイデアはいろいろある
手元にあるものからカバークロップを試してみようと思う
いつの間にか土作りが重要な農作業になった
蓄積してきた経験がここまできたことに喜びを感じる