2020年8月8日土曜日

特にテーマはない!


特にテーマはないけれど、
時間があるのでフリーライティング
ふだん考えてることをアウトプット
コロナについて
マスクは海外でもそろそろうざったいという人もいるし
自分は百姓でマスクなんかできるかよって感じ
スーパーいくとじろじろ見られるのは
マスクしてないから、あんた移さないでよってか
または、変なやつって見てんのかよ笑
田舎は人のことをよく見るんだよね
暇なんだか、人が人きになるんか
運転しながら、真横向いてじろじろ見るんで
危ないからやめたほうがいい
なんであんなに見るんだろう
アメリカなんかだと
Don't stare! て人をじろじろ見んのはしないんだよな
それから、
コロナはウイルスというのは、怪しいみたいだ
死因は肺炎ではないし、どうもバクテリアによる血栓を併発して
梗塞した臓器が原因で死んでるらしい
これは、現場の医師が国際的に認めている
それから、なんと、5Gの電磁場が原因でバクテリアが悪さするという
発言もある
これは、そうなると、なにかギミックとして考えてほうが納得しやすい
とにかくコロナは矛盾に満ちている
マスコミやWHOがそうとう混乱する情報を流す

地球が情報によって統制される世の中だ
そういうシステムが出来上がってしまった
喜んでいるのは、権力者、有り余るほどの巨万の金をもつものか

それから戦争である
民衆の命や、財産を奪い取るのが戦争である
今の軍事力の戦争ではなく
ギミックを駆使し、目には見えないよなな形で
戦争が起こっている

この時期日本は戦争を思い出す事柄が多い
今や平和とは軍隊による戦争がなくても
知らないうちに戦争は我が身に降りかかっているのである

2020年8月4日火曜日

本日発送の野菜リスト

  • ミニトマト

  • ジャガイモ レッドムーン

  • アオナス グリル、ソテー、炒め物に

  • ナス

  • ピーマン

  • スイートコーン

  • モロヘイヤ さっと湯がいてスープに、またはスライス玉ねぎと湯がいて、はちみつ甘酢和えに、冷蔵庫で冷やして

  • キュウリ

  • クウシンサイ サラダや中華炒め物に

  • ジャガイモ 男爵

  • 本日発送の野菜リストです
  • 一気に夏の暑さがやってきて、
  • その変化に対応できていない野菜もあります
  • やはり厳しいシーズンとなっています

アイムソーディフィレント

休耕地再生圃場、ヴァレー2番
とにかく一年目なんてこんなもんす
けどポテンシャルは物凄い
生態系がちと違う
カブトがあんだけ集まるのも、そのサイン
パースペクティブがフォールラインと一致する
ダイナミック且つドラマティックなのである
まあ、ほとんどの人はそんなことには興味がない

アイムソーディフィレント






2020年8月3日月曜日

エゴマの成長

一ヶ月の雨びたし、そんな中でも進化したエゴマ、
さあ、芝刈りである、アカザなんかもあって区別が難しいけど、
セレクティブなトリミングする
省力化して機械を使い、ロスでるけど仕方ない、
ましてコロナ時代である、手刈りは厳しい
エゴマの成長は昨年よりも良く、これから台風シーズンに備える



2020年7月31日金曜日

破壊と創造の攻防戦

昨日芝刈した山の上の圃場
小麦の刈り穂やメヒシバが残りこれを後でロータリーで
土壌に返し、相当のCO2が固定できる
この圃場は3年前まで放棄地
今はこうしてCO2も固定でき、土壌のパワーは申し分なく、
有機栽培のバロメーターといわれる、
ホウレンソウも栽培できるようになった
方や、近くの山では一瞬で大量の木が伐採されて、
メガソーラーシステムが開発される
破壊と創造の攻防戦である
素敵な1日を


2020年7月29日水曜日

土壌の物理的パワー

多雨 日照不足 強風 干ばつ etc、、、
気象条件によってもたらされる打撃を緩和できるのは
土壌の物理的パワーのみ、土作りがベース
こんな天候も実験の場であると考えれば、
返って楽しいものだ 
素敵な1日を


2020年7月28日火曜日

ニノ宮金次郎はナスの味で飢饉を予測した

ニノ宮金次郎はナスの味で飢饉を予測した、
とゆうことは、夏作がダメで秋冬に食糧不足することになる
確かにこの多雨な状況は酷いから、そろそろワースシナリオを
描いた方がいい気がしてきた


2020年7月27日月曜日

エゴマのポテンシャル

この辺りからポイントだと、エゴマの成長段階がわかってきた
メヒシバとの競り合いには勝ててるし、あとは側枝を伸ばしたい
ちょっとトリミング入れるかな
エゴマのポテンシャルはすっごー




草刈り10年

草刈り10年、楽しくなってきた
奥が深いのである

最近は面積も効率よく刈れるようになった
その分、有機資材としての利用をプラクティカルなレベルで考えれるようになった
量自体が増えたおかげで、栽培にもたらせられるアドバンテージもバカにできなくなったのである
刈り方や草の成長レベルを見はからうことで、最大限に利用するすべもわかってきた
ポジティブな回転になって、圃場の地力もパワーアップするのである

20ccのエンジン草刈機もバカにできないのである





2020年7月20日月曜日

己の歳を間違えるほど老化

本日19日はわたくしめのバースデーでした
なんとも美しい終日
管理機を入れたあとのサトイモ圃場
以前に購入した優れもの、スパイデルコのホールディングナイフと
パタゴニアのダブルニーワークパンツを自分へのプレゼント
還暦かと思いきや、59歳だと訂正されまして
己の歳を間違えるほど老化したというオチがついたのでした

2020年7月19日日曜日

無から有機体を創造すること

先ほどトリミングしたサトイモ圃場
これはカバークロップではなく雑草である
このごろ思うことは、草は畑にとってポジティブな資源であること
何も生えていない圃場では土壌にとってプラスマイナス0の状態であるけれど
草が生えているとC02を吸収して、草の質量が増して有機体となる
この有機体を土壌に残せば、土の質量とC02は増加する
ポジティブなサイクルになってくるのである
作物は大気中のCO2や水分で有機体を創造する
これは考えてみるとものすごいことだ
もちろん、土中の養分も吸収する
無から有機体を創造すること、これは奇跡である!


2020年7月13日月曜日

小麦再選別

小麦の再選別
新しい機械で調整を入れる
初回のバッチを製麺所に送りパスタに加工してもらう
コロナ時代となった今、人手を介さない機械化は必須


2020年7月12日日曜日

トラブル

トラクターのトラブルが多い
今日はオーバーヒートにユニバーサルジョイントを壊した
先日のスタックでもたついている間に、カバークロップが伸びて、ロータリーに負荷をかけすぎた
次々と因果関係が連鎖して、また仕事が止まる
少し休みながらにしろとのメッセージだ




神が与えてくれた贈り物

エゴマに携われることはカルマである
母は神経系の難病で亡くなった
OMEGA 3やCBDは神経細胞情報伝達を向上させる
パーキンソン病の治療にも有効だと最近の研究で明らかになった
神が与えてくれた贈り物である





2020年7月7日火曜日

疲れた

疲れた




これも気候変動対策


蔓なしインゲン、これです
強風回避
蔓ありには戻れない、これも気候変動対策
立体栽培にはもう帰れないー
定期便野菜セットにお入れしています😄



2020年7月3日金曜日

これは環境再生型農業の実践でもある!

昨年の超大型台風の教訓から、立体栽培を回避し、
地ばいの栽培とカバークロップをクロスオーバーさせた実験的な試み
これは環境再生型農業の実践でもある!
先日の強風にもびくともしなかった
ほぼイメージ通りになった
撮影の角度的に分かりづらいが、キュウリ、マクワウリ、カボチャ、
コリンキー、スイカ、ゴーヤがこのフィールドで栽培している
上空からドローンで撮影してみたい



2020年7月1日水曜日

ほんのわずかしか古材を救えない自分がもどかしく、情けない



2020年6月28日日曜日

小麦の収穫

雨の間をかいくぐり、今年は小麦の収穫をすべてやり遂げました!
今回はギリギリ機械の導入も間に合い
その効率性のおかげでした😄
そして私からのサポートオファーに快く応じてくれた、
ケンタロウくんありがとう御座いましたー


身土不二


身土不二
環境と同じ野菜を
力とパワーが詰まっています!
野菜の力😄





2020年6月25日木曜日

コロナそして、小麦栽培も機械化に

なんとも悲しい時代になったものだ
人とは寄り添って助け合うものなのに
コロナが全てを破壊してしまった
もう集まり、助け合い、宴もアクティブにはできない時代なのだ
人が温もり持てない時代なんてありえないじゃないか!


パンやパスタ販売をターゲットした、
小麦栽培も本格化してきた
コロナ時代、援農を募ってみなさんに
集まってもらうのも大変な時代
小さいながらも機械化による効率アップ
生産量も上がってきた










2020年6月21日日曜日

エゴマ栽培


中山間地仕様、クロウラー管理機を買いました
まずはエゴマの中耕、傾斜地の作業を強力にこなしてくれます
今年もエゴマは契約栽培、注目のオメガ3を含む食用オイルになります






2020年5月27日水曜日

知らないおばさんとこんな会話

本日、圃場にて知らないおばさんとこんな会話がありました
「これ何ですか?」
「カボチャです」
「いえいえ、こっちに生えてるの」
「ああ、それは緑肥です、麦です」
「・・・・・」
カバークロップと言ってもわかってもらえないと思い
緑肥といってみたけど、
それも理解もらえなかった



2020年5月9日土曜日


この斜度のある圃場、
気候変動に対応した農業の模索をここから始める
すでに自分の中ではヴィジョン確立している



2020年5月6日水曜日

零細企業なりに、ソルズファームは未知のリスクに

備えられるようなヘッジを常に念頭に置いてきた

情報を鋭く精査する能力も311以前から鍛えてきた

ただコロナパンデミックは予想以上の打撃を食らうだろう

10年、20年のスパンで展開するのではないか

長期戦を覚悟で臨まなければいけない




2020年5月2日土曜日

奇跡

今日、奇跡に遭遇した。

私が近づいて、しゃがみこんだ時、その子供はアスファルトの上に
うつ伏せになり、気を失っていた。
マンション二階の窓から落ちたのである
窓からその子の母親が下を見ながら
狂気泣き叫んだ
私は瞬間にマントラを唱えた。
今触ってはいけないと感じた
数十秒後だろう、子供が小さな呻くような声を出した
意識が戻った
子供の声が泣き声に変わった
お母さんは子供を抱え上げてしゃがみこみ
救急車を待った

その子は植え込みの上に運良く落ちて
バウンドしてアスファルトに落ちた
奇跡だ

この空間には天使がいた
それが感じ取れたのである
全く異次元の空間で
神の存在が近くにあった




2020年4月28日火曜日

作物は私たちの食糧のため

この通路は地球の環境のため