2011年7月12日火曜日

いんげん「銀不老」(ぎんぶろう)を播きました。


茨城、八郷にも暑い夏がやってきました。私たちのソルズファームのベジタブルも夏の日差しをあびて成長しています。


ところで、昨年、白州のわたなべさんから、いんげん「銀不老」(ぎんぶろう)の種をいただきました。このギンブロウ、高知県大豊町につたわる固定種だそうで、黒くきれいなマメです。現地ではちらし寿司にいれて食べるみたいです。栽培方法を調べてみると、面白い事が書かれていました。この時期にトウモロコシの株元に播いてツルを絡ませて育てると、両方の作物が良く育つ、一挙両得栽培できるそうです。


ちょうどトウモロコシはひと月前に種まきしたので、今日株元の草をとりながら、播いてみました。一挙両得栽培とは素晴らしいと思うのですが、トウモロコシに絡むギンブロウ。ちょっと、自分でも想像がつきませんが、とにかくトライすることにしました。

2 件のコメント:

わたなべ さんのコメント...

 えー、知らなかった……、楽しみです! ちなみにウチではフェンスやら、ネットやら、鉄筋メッシュやら、いろんなところに絡んでます(笑)。
 

ジュン さんのコメント...

一挙両得栽培、他には何があるか、調べたくなりますねえ。
種ありがとうございました!